アフィリエイト記事に装飾を使ってみよう

アフィリエイトで稼ぐためには、サイトやブログの訪問者にわかりやすい記事を書く必要があります。わかりにくいようでは読んでいて面白くないし、そもそも読む気が出てきません。これでは、訪問者がすぐにサイトを離れてしまいます。
稼ぐためには、いかに多くの訪問者を集め、どれだけ長くサイトに滞在させるかがポイントです。そのために、わかりやすい記事を作るのです。
分かりやすい記事を作成するためには内容はもちろんですが、装飾を使うこともおすすめです。
次のような装飾を心がけてみましょう。

・太文字
太文字は特に強調したい部分に使います。書籍の場合もところどころ太文字になっている部分があるはずです。この部分は特に重要ですよというサインです。

・大きな文字
文字を大きくすることでも目立たせることができます。太文字と一緒に使うと効果的です。

・赤文字
赤は危険を知らせる色です。文章に赤文字を使うと読者の注意を引き付けることになります。
重要なことを伝えたい部分や注意喚起したいときに使います。
たとえば「危ない」という文字を黒文字で書いた場合と赤文字で書いた場合、どちらの方が「危ない」という印象を受け取るでしょうか。赤文字の方が「注意しなければ」という気持ちになります。

・文字に下線を引く
下線は大切な部分に使用をします。文字に色をつけてばかりだと、ごちゃごちゃとして反って重要な部分がわかりにくくなってしまいます。適度に下線を使うとシンプルにまとまります。

・リストや表を使う
文字をずらずらと並べるよりも、リストや表にした方がわかりやすいことがあります。
たとえばA商品とB商品を比較する場合、価格、成分、購入方法などの項目を作ったリストで比較すると、項目ごとにA商品とB商品を比較できてわかりやすいです。

・写真を挿入する
文字ばかりだと読者は読むことが疲れてしまったり、飽きてしまったりします。写真は記事にメリハリを与えてくれます。記事内容にあった写真を挿入すると、写真を見ただけでこの記事にはどのようなことが書かれているのかわかります。

・会話文にする
文字がずらずら並んでいると面白くない記事も、会話文だとサクサクと読めるようになります。

装飾にはいろいろなものがあります。どのような目的で使うのかよく考えて、適切な装飾を使ってみましょう。やりすぎると反ってわかりにくくなるので注意が必要ですが、適した装飾を使うことで読者が読みやすい記事になります。